【布団が長持ち!】布団乾燥はコインランドリー!天日干しより乾燥機が良い理由。

定期的に布団を日干ししている方、布団はコインランドリーの乾燥機を利用した方がはるかに良いですよ。

そこで、

【コインランドリーの乾燥機を利用した方が良い理由】

  • 布団の生地が、劣化しにくい。
  • 布団に潜んでいるダニ、埃、フケなどのアレルゲンはフィルターに落ちる
  • 菌やウィルスなどは、数分で死滅する

です。

ダニの死滅には50度の熱でも20~30分は必要なので、日干しによる死滅は難しいですが、コインランドリーの乾燥機なら、設定温度は70℃ですので数分で死滅します。

しかもドラムは、右に左に交互に回り続けるので、ダニも逃げようがありません。

また、回り続けることで、フケや埃、チリなどのアレルゲンは、ドラム外のフィルターに落ちます。

布団で休んでいるはずなのに、くしゃみが止まらなかったとか、布団に入ると鼻水が出る。という現象が無くなるというのは、利用者から聞く話です。

良いこと尽くめのコインランドリーの乾燥機は、まだ利用したことのない人には、是非おススメします。

日干しするのは、何がダメ?

1986年、日本家政学会の“絹および面の光による劣化”によると、「繊維の劣化に影響を及ぼす原因には、光・酸素・水分が、劣化に大きく影響を及ぼす要因である」

としています。

実際私達の身の回りでも、日光にあたった物は色褪せるのをよく見かけますよね。

また、日本家政学会では、このようにも記しています。

「日光(紫外線)による綿と絹・伸度変化を比較すると、綿は伸度より強度が、絹は強度よりも伸度がはるかに劣化が著しいことが分かった」と。

いずれも

日光(紫外線)による“はるかな劣化”が見受けられた。

と言っています。

また、外で干すことにより、風に吹かれてチリ・埃・アレルゲン(花粉、PM2.5など)が布団に付着します。

Aりかさん

天日干しは、昔からやってきていることだから!

とは言っても、

昔は布団を、

”コインランドリーで乾燥させると、チリ・フケ・垢・埃・アレルゲン(花粉、PM2.5など)が取れる。”

とか、

殆どの人は知らなかったし、乾燥機のドラムも最近の様な大口径の物はありませんでした。

日光(紫外線)による劣化は元々あるけど、その環境で干すしかなかったのです。

実際にこの情報が出た1986年でも、コインランドリーは?

というと、

そこまで大きな口径のドラムの洗濯機や乾燥機が無かったし、布団の割合も殆どが綿で占め、コインランドリーを利用する。

等、以前は考えなかったのだと思います。

それを思えば、昨今はとても環境には恵まれていますね。

寝具に潜む魔物

色の濃い寝具を利用しない限り、なかなか目視で確認できないのが、フケ・カビ・ハウスダスト等のアレルゲン。

更にペットを飼ってる人は、どんなにペットをきれいにしてても、ペットの毛・ダニ等のアレルゲンは布団に付着しています。

布団を外にも干さず万年床になっている人は、毎日アレルゲンが布団に蓄積されていきます。

くしゃみが出たり、鼻水が出たりするのは、それらも原因しています。

そして、

人が寝ている間に出る寝汗。

この寝汗は夏場、寝ている間にコップ1杯分もかくらしいので、布団内部は湿気も溜まります。

【寝汗による影響とは?】

”人の汗”と一言で言っても、その成分には含まれるのは、水分と塩分だけではありません。

  • 老廃物(尿素)
  • ホルモン
  • 重金属

成長期の子供は特に体のホルモン(尿素)がたくさん出ているので臭います。

よく、

Cえみさん

青年期の男子の部屋が臭い

これはホルモン(尿素)がたくさん出ている証。

このホルモンが空気中の微生物と合体すると臭うんです。

中年男性の場合、このホルモン(尿素)により、生地などが黄ばんだり茶色くなったりします。

そんな成分が出ているのに、布団をそのまま使用し続けると、布団内部に“ダニ”や“カビ”が発生します。

 

汗の浸み込んだ布団を、そのまま使い続けると?

間違いなく黄ばみます。

繰り返しますが、

汗は尿素も含まれてて、人は寝ている間に“コップ1杯分”の汗をかくそうです。

その汗を放置はしたくありませんよね。

定期的に布団を洗濯することにより、布団にしみ込んだ汗を洗い流せます。

ダニの増える環境

毎年ダニが増える時期は、6・7・8月です。

気象庁の調べでは、2018年において、その3か月の平均湿度は78%だったそうです。

ダニが繁殖する条件の一つとして、湿度が60%~80%が適度な条件なことから、6~8月の時期は一番増え易くなりますが、昨今の温暖化で日本は、高湿度の月が6~8月に限らず、今後も増えていくと思います。

ということは、

ダニの繁殖する季節は増えると思います。

 

体から出てる重金属は何?役割は?

布団に与える影響等には特に関係ありませんが。

重金属は毒素の一つで、本来毒素は肝臓や腎臓が、体の外に排出しますが、重金属は主に汗に交じって出てくるようです。

有害物質の重金属は、健全な食生活始め、しっかり睡眠を取ったり、シャワーではなく、お風呂に入ってしっかり汗をかくと、汗となって体の外へ排出されるようです。

寝ている間に出た汗は、あまり布団に溜めたくないですね。

乾燥温度による殺菌時間は?

別の話題になりますが、コインランドリーの温度と殺菌時間について。

コインランドリーの乾燥機の温度は、大体どこも70度近辺。

そこで、菌やウィルスはどれくらいで死滅するのか?

【菌の死滅温度と必要時間】

超高温殺菌:130℃で2秒間
高温殺菌 :72~85℃で15秒間以上
低温殺菌 :62~66℃で30分間以上
※Wikipediaより

コインランドリーの乾燥機の温度は70℃なので、上記の温度で見ると、一回の乾燥(およそ30分)で十分殺菌は出来ます。

天日干しでは出来ない殺菌・滅菌は、コインランドリーならではです。

■ウィルスの死滅温度と必要時間
そこで、2020年に大流行している“コロナウィルス”ですが、このウィルスは70℃で加熱すると、5分以内に検出不能になったようです。
※NHK「今朝のクローズアップ」より

 

感染力の強かったコロナウィルスも、コインランドリーの乾燥機にかかると、ひとたまりもなく死滅するようです。

 

どのような布団なら洗濯・乾燥出来るの?

現在コインランドリーで洗濯・乾燥が“可能”とされているのが、キルティング加工されている羽毛・ポリエステル製布団、または同素材の掛け敷き布団。

布団の洗濯の仕方は、いろいろ紹介されていますが、私が洗濯した時は、そのまま“ぶっこんでも”何の問題もなく洗濯・乾燥出来ました。

ただし、乾燥時は一手間加えた方が、早目に乾きます。

その一手間とは、

布団は、面積・体積ありますので、内側になっている面を一度ひっくり返します。

1時間くらい乾燥機を回すなら、40分ほどで一度乾燥機から出し、内側になっている面を外側にして、残り20分乾燥させます。

これで大体の羽毛布団や、ポリエステル製の布団がしっかり乾燥出来ますが、モノによっては更に10~30分(合計乾燥時間1時間10~30分)乾燥させる人もいます。

全ては自分好みなので、自分好みでしっかり乾燥させましょう。

布団を買うなら、羽毛かポリエステルが一番

日本ではまだ、綿の布団で寝ている方が大勢います。

次買い替える時は、羽毛かポリエステルがおススメ。

  • 掛け布団では、綿布団の割合が18.5%
  • 敷布団では、綿布団の割合は33.4%
  • 羊毛が9.9%あるようです。

 

ですが、メンテナンスや寝床の衛生を考えると、洗濯したい時に気軽にコインランドリーで洗濯できる羽毛・ポリエステルが絶対おススメ。

キレイ好き、衛生を一番気にする私達日本人であれば、羽毛・ポリエステルの布団が、生活に一番合った布団だと言えます。

購入する時、分からない時は“洗える布団”を店員に聞いてみるのも良いです。

 

最後に簡単におさらい

布団は私達の健康維持にはとても大事な物で、そして、布団を定期的にコインランドリーで乾燥だけではなく、洗濯もすることで、健康維持の土台は作られます。

どんなに清潔にキレイにしている人でも、汗は出るし、フケは出るし、垢も出ます。

それだけではなく、そのハウスダストを好むダニもいつの間にか増えています。

そんなアレルゲンはコインランドリーで、全て洗い落とし、死滅させましょう。

布団に入るとくしゃみが出る。

とか

鼻水が出たり、目がかゆい。

とかいう現象はなくなります。
※もちろん家の中の掃除も大事です。

布団に入って、そのような症状に困っている人、または予防のためにも、コインランドリーを利用しに行きましょう。

フォローしてね☆

友達になってね☆

PAGE TOP